わからへんことなってきはったな! - 拝金主義やけど何か問題でも!?チョイ悪アニキの戯言

2009年05月29日

わからへんことなってきはったな!

ここへきてどんでん返しでっか?マスコミに影響されててっきり疑惑の人が犯人やと思っててんけど。

裁判員制度も始まったことやしこういうややこしいことなってもうたらお手上げやんな。





 1997年の神戸・酒鬼薔薇事件など数多くの筆跡鑑定を手掛けた神戸大・魚住和晃教授(62=文字文化学)がスポーツ報知の取材に応じ、4月3日に漫才師・中田カウス(59)の自宅に郵送された脅迫状と、カウスが関与をほのめかし、現在活動休止中の漫才師・前田五郎(67)の直筆文を比較した。魚住教授は「同じ人が書いたとは考えにくい」と、前田を犯人視することに疑問を投げかけた。

 魚住教授が、最初に発した言葉が「違うね」だった。限られた2つの文章では証拠として乏しいと前置きした上で、カウス宅に郵送された脅迫状と、本紙が独自入手した前田の直筆文が同一人物によって書かれたものではないと判断。その根拠として4点を挙げた。

 ▼筆の運び方

 「決定的に違う。脅迫状は角張っているが、直筆文は丸字。よほどのプロでない限り、手先だけの演出では無理」

 ▼文字の大きさ

 「直筆文は漢字も平仮名も均等の大きさでまとまっているが、脅迫状では漢字が平仮名よりも大きく強調されている」

 ▼筆圧

 「毛筆とペンの違いこそあれ、筆圧が不安定でグラグラの脅迫状と、一定している直筆文では同一人物とは思えない」

 ▼縦書きと横書き

 「一般的に同一人物が書いた縦書きと横書きを比べると、縦書きの方が文字は右肩上がりになりやすい。今回の2枚を比べると、直筆文が脅迫状よりも右肩上がりになっていない。この点が不自然」

 魚住教授はさらに脅迫状から犯人の心理や人物像も推測。「毛筆で書けば筆跡がバレないと考えたのでは。文字は始めは警戒して細く、後にいくほど感情が高ぶり太くなっている。うっ積した心の声が表れている。文字に人間性が表れており、まさかこの人が…という展開はないでしょう」と力説。若者がよく使う「殺す」といった単刀直入な表現でなく「看視」などの文字を使っている点を指摘し、犯人の年齢層についても「60歳から70歳ぐらいの年齢と感じます」と分析した。

 あくまで魚住教授による鑑定結果であって、結論づけることはできない。それでも教授は「(前田が犯人と)決めつけるのは安直。ターゲットを一人に絞らず、考えるべき」とクギを刺す一方で「文字が不器用な直情を示しているから、今後行動に移す可能性も。気をつけなければいけない」と、語気を強めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000352-sph-ent


posted by チョイ悪アニキ 性格は激悪(`∀´) at 11:00| Comment(0) | FC2小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。