賢いやっちゃなぁ! - 拝金主義やけど何か問題でも!?チョイ悪アニキの戯言

2009年05月18日

賢いやっちゃなぁ!



利ざやを稼ぐのが悪いみたいに散々言われてんねんけど、安易にプレミアム商品券を発行すれば地域の経済が活性化すると考えるほうがアホちゃうか!?

お金を稼ぐにはいかにお金を効率よく運用するかに尽きるもんや。稼いだお金で経済が潤うならそれでええやないか。国会議員のJR切符のほうがよっぽどおかしいと思わへんか?

わいは商店主の行動力を称えたいわ!





 定額給付金の“活性化策”として、全国の自治体が一定の利率を付加した「プレミアム付き地域商品券」を相次いで発行している。ところが最近、この制度を悪用して“利ざや”を稼ぐ不心得な商店主が現れているという。調べてみると、ほかにも多くの“抜け穴”が発覚。あまりにもずさんな「プレミアム」の実態が分かった。

 「この商品券の話を最初に聞いたとき、真っ先に換金手段を思いついたよ。とはいえ、何か予防措置があるのだろうと思っていたら、完全にザルだった。われわれ商店主にとっては“打ち出の小づち”みたいなもの。知り合いに商店主がいるなら、一緒に儲けるといいよ」

 10%のプレミアム付き地域商品券を発行する東京都のある区で青果店を経営する男性(60)は冗談めかしながら話してくれた。この男性の説明によると、カラクリはきわめて単純だ。

 「たとえば、オレが区民として商品券を10万円分購入する。これには10%のプレミアムが付くから実質11万円だ。それに店のハンコを押して数日後に区の事務局に持ち込めば、何の疑いもなく11万円が返ってくる。商店会の換金手数料として2%引かれるが、それでも9800円が手に入る。銀行よりはるかに簡単で高利回りだよ」

 売り上げが不自然に急増すると疑われるが、店の商品を自分で購入したんだと開き直れば、道義的な問題はさておき自治体側も文句はつけにくい。実は、同様のことを一般人の立場で敢行したツワモノもいる。

【商店主自身で購入、換金しボロ儲け】

 前出の青果店主とは別の区の住民は、商品券の加盟店にコンビニエンスストアが入っていることに目をつけ、購入した商品券を使って電子マネーのチャージに成功したというのだ。有効期限がある共通商品券は、経済産業省の通達により電子マネーへの換金が制限されているが、徹底されていないのが実情だという。

 また別の市のある市民は、1人につき3万円が限度とされている商品券を何回も購入し、計100万円分をゲット。その商品券を使って加盟店の家電量販店で大型テレビを買った。10万円のプレミアムに加え、量販店のポイント割引も換算すると、事実上3割引でテレビを購入できたことになるという。

 こうした商品券のプレミアム分は、すべて特別地方交付税を原資としている。つまり、税金で儲けているヤカラがいるということだ。

 約4億6000万円分のプレミアム付き商品券を完売した東京都中野区商店連合会の安田了事務局長は、「加盟商店主が換金した伝票は連合会でも把握しており、異常値はすぐに分かります。不正があれば、連合会としてペナルティーを課す可能性があります。10万円以上の商品購入者についても住所と名前を確認し、明確な理由がない大量購入はお断りしました」と語る。

 「ほぼすべての人が商品券の本来の趣旨に基づいて利用したと信じています」と安田氏は言うが、この信頼を逆手に取った者も裏にはいそうだ。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/78341


posted by チョイ悪アニキ 性格は激悪(`∀´) at 19:00| Comment(0) | FC2小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。